カテゴリ:INFORMATION( 5 )
ありがとうございました



Photo Exhibition「TANATOS -幻視展-」にはたくさんのお客様にお越しいただきました。舞台公演と写真展の同時開催という初めての試みだったため、お客様にはご迷惑をおかけした部分もあったかと思いますが、なんとか成功裏に終えることができました。
今回は様々なジャンルのアーティストたちが、会場のフジハラビルに集結しました。脚本・演出、役者、音楽、音響、照明、ヘアメイク、そしてフォトグラファー。すべてのアーティストたちが「TANATOS」をキーワードに、それぞれの技術、才能を余す事無く発揮し、お互いに刺激し合いながらクリエイティブな空間を創り出すことができました。それはまるで、楽器の音色が重なり合い、素晴らしいメロディーを奏でるオーケストラの演奏ように、私の心に響いてきました。
この場をお借りして、今回のイベントを指揮してくれた名コンダクター、劇団SE・TSU・NA主宰・中神謙一氏にお礼を申し上げるとともに、素晴らしい作品を提供してくれたアーティストたちに改めて感謝したいと思います。そして何より、この空間にお越しいただいたお客様に心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

幻視展プロデュース・楠山哲也

[PR]
by tanatos-apocrypha | 2008-10-22 17:28 | INFORMATION
TANATOS CAFE by NOSTRA
b0155961_0233787.jpg

演劇と写真のコラボレーションでお贈りする「TANATOS」。今回は、会場のフジハラビル近くにあるカフェ「ノストラ」とのコラボレーションも実現しました。幻視展と同じようにTANATOSという言葉から受けたイメージで、ノストラのパティシエがケーキを作ってくれます。写真は先日試食させていただいた、そのオリジナルケーキ。しっとりとしたビターなテイストは、甘さを抑えた大人の味に仕上がっています。
このケーキは有料のサービスになりますが、幻視展の会場で各種ドリンク類とともに、ヨルノウタ出演者たちが直接、お客様に提供させていただく予定です。会場に飾られた写真に囲まれ、役者たちとおしゃべりをしながら、おいしいケーキとドリンクをお楽しみください。
そして、ノストラの店舗の方は、会場から歩いて約3分ほど。豊富なメニューのカフェごはんはボリュームも満点。写真展、お芝居を観たあと、お帰りの際にぜひお立ち寄りください。深夜2時まで営業です(日曜定休)。
[PR]
by tanatos-apocrypha | 2008-10-04 00:29 | INFORMATION
大垣知哉×中神謙一 TANATOS対談



TANATOSの核となる舞台『TANATOS -ヨルノウタ- 』の主題歌を作詞・作曲してくれたシンガーソングライター・大垣知哉氏と、劇団SE・TSU・NA座長・中神謙一氏の対談が実現しました。すでに彼のソロライブで初披露された主題歌「夜想曲」、TANATOS公演時にはライブとは別バージョンの歌詞が聴けるそうです。
大垣知哉氏は京都出身。ライブ活動や舞台演劇用の楽曲制作をはじめ、俳優としても舞台・テレビで活躍。来春には主演映画『369のメトシエラ』が公開予定です。劇団SE・TSU・NAでは第21回公演【sideB】『語り部達の夜 -陰- 』から主題歌を手掛け、こちらは彼のセカンドアルバム「ふと見上げた空の向こう」に収録されています。抜けるようなハイトーンの唄声は、ずっと聴いていたくなる優しさに溢れており、女性ファンが多いのも頷けるところ。iTunes Storeでもダウンロードできる楽曲がありますので、ぜひ聴いてみてください。
[PR]
by tanatos-apocrypha | 2008-10-01 22:43 | INFORMATION
TANATOS -ヨルノウタ-


STORY

一軒の廃屋—— 夜会の後、過去を懐かしむようにそこに集まった四人の男女。そこはかつて彼らが多くの時間を共に過ごした、懐かしい場所。そしてある事件をきっかけに、二度と訪れなくなった場所…。
蝋燭の灯りに照らされ、思い出話をしながら夜を明かす彼らは、カードゲームにそれぞれの「秘密」をかけることにする。
楽しかったこと——。ささいなこと——。切なかったこと——。苦しかったこと——。夜が更けていくにつれ、語られる過去の秘密と錯綜する想い。
「——あの時のことなんだけど。ずっと、黙ってたことがあるんだ。」
夜明けが近づいた時、誰かがつぶやく。
「あのこ、どうして死んだと思う?」
誰もが心の奥底に持つ感情——「愛情」と「憎悪」の狭間で、彼が、そして彼女が選んだもの、そして封じ込めた「過去」とは?
「君はそうして何も気づかないまま時を過ごすんだ。ここで、ずっと——誰の気持ちを理解することもできないまま。」

劇団SE・TSU・NAが自信を持ってお贈りする【sideB】新作は切なく哀しいラブストーリー。これは、あなたの内にもある物語です。
[PR]
by tanatos-apocrypha | 2008-08-20 21:46 | INFORMATION
TANATOS - ヨルノウタと幻視展
b0155961_23471040.jpg


タナトス。その単語がボクの中で何かと結びついて一つの物語が生まれた。そしてその言葉を頭の中で転がしているうちに、「ヨルノウタ」というタイトルが浮かんだ。そのタイトルが浮かんだとき、物語のラストシーンまでが決まっていた。それはまるで誰かが書いてくれたかのように、すべてが頭の中にあった。

「タナトス」とは、古代ギリシャ神話において、眠りの神ヒュノプスを兄弟に持つ「死の神」であり、現代では心理学の用語にもなっている。死んだように眠る……眠るように息を引き取る。どちらもよく似ているのは、彼らが双子の兄弟神だからなのかもしれない。今回、新たな試みとして写真展を同時開催することになった。もちろん単なる写真展ではない。TANATOS -幻視展- だ。

ボクがそうだったように、彼らにも「TANATOS」というキーワードで写真を用意してもらうことが条件である。参加してくれる5人のフォトグラファーは、皆一癖も二癖もあるメンバーとなった。ボクが「TANATOS」という言葉の向こうに、ヨルノウタを見つけたように、彼らがその言葉の向こうにどんな風景を幻視するのか……。会場で見届けていただきたい。

劇団SE・TSU・NA 主宰・中神謙一

[PR]
by tanatos-apocrypha | 2008-07-22 19:40 | INFORMATION



Photo Exhibition
by tanatos-apocrypha
カテゴリ
全体
EXHIBITION INFO
INFORMATION
PHOTOGRAPHERS
BACKSTAGE
リンク
以前の記事
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧